NYOMU ろぐ。
みんなで なかよく 暮らしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今冬の課題「湿度」
転、1歳になったんだよ~~。元気でつ。



昨年の冬、往生したのが、亀井丸(ホルスメス:転のママ)のひきこもり。
DSC_0008.jpg

どうもいろいろ、調べるうちに、温度もさておき「湿度」が重要ではないかと
私は思ってる。。。
乾燥ぎみで飼うというのが定説なんだけど
それって、どんくらいなのか?

日本の冬はカラッッカラに乾燥して、それを電気で加温。
敷いている新聞紙はパリッパリになる。
水入れをおいていても、追い付かないくらい乾燥しているのだ。
木製ケージに変えて、さらに保湿がむずかしくなったような気がしているんだけど・・・。

チョー簡単な加湿方法を思い付いたので、実行している訳でし。
その大量の水が2~3日で蒸発してしまっているこの事実。
これが、亀から奪われていっていた、水分だと思うと、おそろしー。

昨年はたしか、12月ごろからぱったりひきこもっていたから
もっと冷え込んでいるはずの、今年は、かなり状態がいい。

顕著なのは、シェルターでほりほり行動をしないのだ。
ほりほりするのは、湿度をもとめて土にもぐるという行動だとすれば
うまくいっているという、コトではないだローか???

これからまだまだ続く寒い冬・・・・、どうなるかな?
スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
乾燥系
乾燥系とはいえ日本の冬の乾燥はシャレになりません。どんな生き物にも湿度30%以下の環境は苛酷です。乾燥系と言われるホルスで注意すべきは夏の蒸れ過ぎであって冬は加湿するくらいの方が絶対に良いです。この辺のことはウチのページにも書いてあるのでご一読下さい。
http://www.geocities.jp/moulder_cb/overdry.html
2006/01/07 (土) 20:37:40 | URL | もるだ #d1rD.U76[ 編集]
拝読しております。。。
比較的狭いガラス水槽ケージの時は、ケージ内洗濯物干し法で追い付いていた加湿だったんですが、、
加湿器をつかわずに、湿度を増やすにはどーすべか~と
考えていたんですよねー。
ほんと、それまでは、冬の方が調子いいくらいでしたから。。
でも、亀井丸ちゃんには悪いけど
いい比較実験になったかなーーーーみたいな。。。。^^>
元気に1年越せて、ほんとうに幸いでした。。。
ありがとう、亀井丸ちゃん、というキモチです。

乾燥と温浴の定説!やばいよな、と、思ってます。。。。
2006/01/07 (土) 23:18:40 | URL | にゃおみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 NYOMU ろぐ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。