NYOMU ろぐ。
みんなで なかよく 暮らしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒目消失。
食欲もりもり、元気回復、黒目消失。
チンチラ 黒目消失

チンチラ銀二、1996年、2月に
ソフトボール大だった子を迎えたわけで
すっかりおぢーさん。
目の状態が悪くなり、
2004年の夏から治療。
さらには、癌かも、死ぬかもと診断された。

そんなことからも2年が過ぎ去りました。

症状が落ち着いたところで、
その余生をひたすら穏やかにすごせるようにと
好きなものだけ食べたらいいやという方向に切り替えた。
ストレスをかける、通院も治療もやめた。

今年も何度も調子を崩し、その度に食欲減退。
しかし、彼は乗り越えた。

すごい、生命力。

過酷な環境で生きる種族だけに
そのパワーはほんとにすごいんだろうな。

今年も一時はほんとに、悪くなり、覚悟をした。
口の調子が悪いのか、痛がり、かなり食べられるものが限られた。

トースト、バナナ、おふ、野菜ジュース。

なかでも、おふがよかったみたい。
栄養もあるし、やわらかいしね。

それが今では、毎日、ペレットやらコーンやらを爆食。

最近は、ちょっと、目の調子もよいようなので、
よく見てみたところ、
なんと、黒目がない。
チンチラの目は瞳孔も、虹彩も
まっ黒だからなかなか気づきにくいんだけど
虹彩は猫の目みたいに縦に長い。
その光を感じて閉じたり開いたりする、虹彩が
閉じてしまっているようで、瞳孔が見えないのだ。




・・・・見えてないのかな?暗く見えてるのかな?

しかし、なれたケージレイアウトでは
全く、生活には支障がないようなので、これも
このまま受け入れることに。

でも
一度、獣医に見せておこうかなと、思ったり。
先生の知識と経験をもっともっと増やしてもらいたいからな。。。
行ってみようかな。

でも、やめよかな。

日々、迷ってます。
がんばれ、銀二じーさん。
スポンサーサイト

テーマ:エキゾチックアニマル(小動物、鳥類、霊長類、その他) - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
久々の銀二ちゃんで嬉しいです。
余生は美味しいモノ食べて、ノンビリというのが銀二ちゃんには良かったのですね。

病院に行くかどうか悩むの、分かります。
うちでは連れていくことが獣医さんや獣医学にとって知識の蓄積に少しでもなるなら、、と思い連れて行くこともありますが、子によってはその子の残った時間を穏やかに…ということで連れていかないケースもこのところ多いです。

銀二くん、おぢーさんでも相変わらず毛がやわっかそうでナデナデしたくなります。^^
2006/10/22 (日) 22:43:08 | URL | ねーる☆彡 #-[ 編集]
ねーる☆彡さま
コメントありがとうございます。
チンチラは上手に飼ったら15年は生きるそうなんですね。
なんとか、10年過ぎ、あとは
のんびりと・・・と思いました。
治療をどこまでするかとか
主治医と話をしたんですよね。
「なにもしない」のも、いい方法だと
先生も賛同してくださいました。
なんか、とてもほっとした覚えがあります。。。
ねーる☆彡さんところの獣医学会への
貢献?もすばらしいと思います。
でも
時には、人情として痛々しく思うこともありますよね~~。
なかなか、弱いあたしは
だめだめ人間です。^^
2006/10/23 (月) 08:49:18 | URL | にゃおみ #MeU/spyA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 NYOMU ろぐ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。